不眠症を吹き飛ばせ~サプリメントで安眠TIME!~

食事バランスで変わる

ldlコレステロールの役割

食事

コレステロールには様々な種類のものがあります。食事由来の油に含まれるコレステロールは腸で吸収され、リンパ管を得て肝臓へと運ばれます。この時コレステロールを血液という水に溶けるようミセル化したものがキロミクロンです。 肝臓で作られたコレステロールは全身に運ばれます。この時全身にコレステロールを与える物質がldlコレステロールで逆に細胞からコレステロールを回収する役割を持つものがhdlコレステロールとなります。もしldlコレステロールにより全身の細胞にコレステロールが運ばれないと軟らかく流動性の少ない膜となり老化の原因になります。一方細胞のコレステロールが回収されないと酸化ldlコレステロールという老化物質になります。つまりldlコレステロールとhdlコレステロールのバランスが大切です。

食事摂取基準が無くなりました。

ldlコレステロールは中年になると上昇傾向にあるため、多くの健康食品で販売されています。もちろん健康食品や医薬品だけでは不十分で運動や食事習慣の改善が重要です。 食事を減らし、極度のダイエットを行うとldlコレステロールは低下しますが、hdlコレステロールや栄養源となるトリグリセリドも低下するため逆に健康に悪いです。 コレステロールは油であるため食事の時に先に野菜を食べると食物繊維などによりコレステロールの吸収は抑えられます。 但し、全コレステロールの内8割は体で合成されると言われるため食事摂取基準が撤廃されました。 コレステロールは肝臓で合成されるため、健康に気を付けていて健康診断で異常値はでると肝硬変や糖尿病などの疾患の可能性もあります。