不眠症を吹き飛ばせ~サプリメントで安眠TIME!~

ろ過で負担がかかる

女性

腎臓の機能状態を知ることができる数値としてクレアチニンがあります。クレアチニンは高くても低くても体調に変化をもたらします。クレアチニン値が正しい数値にいない時にどんなことが起こるのかを知っておくことが大切になります。

腎臓が正常な働きをせずに、クレアチニンを上手く体外に排出できていない時には、腎臓病や急性腎不全、慢性的腎不全などの病気になる可能性が高くなります。また、クレアチニンが排出されて、数値が低すぎると筋ジストロフィー症などの筋肉性疾患の可能性がでてきます。このようにクレアチニンの数値が高くても低くても問題になるのがクレアチニンになります。
血液検査や尿検査でクレアチニン値を定期的に即適することで腎臓病や筋肉の異常などを早期発見することができます。また、検査結果で少しでも問題が合った時には、少しでも値が少ないことや多いことがあれば放っておくのではなく、早く病院で診てもらうことが大切です。糖尿病と同じように早めや早めの対応をすることで腎臓機能の低下を防ぐことができます。

診察のポイントとして腎臓に疾患があると腎臓機能が低下します。また、働きが50%を以下になった所でクレアチニン値は上昇してきます。まだ、この状態では、食事などでタンパク質の量を制限することでクレアチニンの値の上昇を防ぐことができます。

腎臓病になった時にタンパク質を制限する理由としてその性質があります。タンパク質は体を作るために必要不可欠な成分になります。その中には、糖質、脂質、タンパク質があります。この中でタンパク質だけが老廃物として排出されてしまいます。そのタンパク質をろ過するのが腎臓になります。
タンパク質を多く取ってしまうとろ過にする時の負担がかかってしまうので、摂取を制限する必要性がでてきます。